ペットフードはどのように作られているのか?

ペットフードは一体どのように製造されているのでしょうか?大切なペットの口に毎日入れるものですので、是非知っておきたいことです。

日本で市販されているペットフードには、国内工場で製造されたものと海外工場で製造されたものとがあり、それぞれ、その国の法律や規則を遵守して製造されています。規制が数多く設けられており、ペットフード協会内にも厳しい自主規制があることで、高い品質基準が保たれているのです。

国内では、と畜場法、家畜伝染病予防法、食品衛生法、計量法、製造物責任法(PL法)をはじめ、様々な法律が定められています。

こうした法律の規制を受けて、ペットフードは、安全な畜肉原料等、規定された食品添加物が用いられています。そして、内容量も軽量法で定められ、商品は利用者の安全性を十分配慮したものでなくてはならないとされているのです。

具体的には、エクストルーダーという食品加工機を利用して押し出し成型して製造されています。まずは、原料タンクに畜肉原料などを全部混ぜてドロドロにし、それを高温加熱して肉粉または肉骨粉が作られます。そして、エクストルーダーに原料を入れて金型で成形し、カットして完成品が出来あがっています。

関連記事

    None Found

Comments are closed.